ギター三昧 親瓶ブログ(blog)
ギター/音楽と密接した生活から生まれるこぼれ話。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第8回目 ギターアンプ これが決定的
VOX/AD15VT

はいはい。ギター購入前の最後の砦!
ギターアンプでーす。
大きいものから小さいものまで多彩なアンプありますよね。
家で練習するには小さいのが欲しいし、ライブするなら大きいものが欲しいし。。。

最初は15Wぐらいのアンプをお勧めします。
小さすぎるとギターの音厚を感じれなく、楽しみの一つが減るような気がします。また、最近のアンプはヘッドフォン端子がついているので夜でも気にせず練習できます。

さて、アンプにはクリーンな音しか出ないものと、歪んだ音がでるものがあります。クリーンチャンネル、ゲインチャンネルとか標記されております。お勧めはクリーンな音がしかっり出るものです。クリーンチャンネルしかないものは、後で説明するエフェクターがあったほうがいいんですけど、2チャンネルあるタイプを買えば気にする必要な無いと思います。

また、アンプにはチューブアンプとトランジスタアンプがあってチューブは真空管が使われているアンプを指します。
最初はなんのこっちゃ分からんでしょうから、15Wぐらいでクリーンがしっかり出るアンプを探しつつ、、歪んだ音も出ればラッキー という感じで選べばいいんではないでしょうかね?

ギター本体は好きなアーティストと同じものを進めましたが、アンプは同じものよりも上記条件にあう条件でかっこいいと思ったのを買えばよいかと思いますわーー。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どもども、ご訪問ありがとうございました。やっぱ男は黙ってアンプ直ですかね?ちなみに僕はギターもアンプもPEAVEYです!
というわけでまた遊びに来ます!では!
2005/07/31
(日) 23:24:40 | URL | echo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プレミアム・パワーチューブ ~ 6L6シリーズ 攻撃的でダイナミックなサウンド。スロバキア製。 ※注)コチラの商品は2本セットでの販売となります。 ■ トップ ⇒ 現在地GrooveTubes≪グルーブチューブ≫GT-6L6S真空管・オーディオ部品販売するアメリカのAntique
2007/07/22(日) 02:43:46 | ギターアンプがすごくよかった
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。